SANOFI

最も多くの獣医師に選ばれているノミ・マダニ駆除薬 フロントライン

フロントライン FAQ

フロントライン製品全般について

  • Q.シャンプーしたら効果は変わりますか?

    A.フロントラインは、投与後、皮脂腺に蓄積され、そこから脂分と一緒に皮膚や毛の表面に徐々に放出されます。そのため、2週間に1度程度のシャンプーであれば、効果にはほとんど影響はありません。ただし、犬用 フロントライン プラスは使用後1日間、猫用 フロントラインプラスは使用後2日間、フロントライン スポットオン、スプレーは使用前後2日間のシャンプーや水浴をさけてください。

    (フロントライン プラス ドッグのページへ)

  • Q.効果が強いと安全性が心配だけど…?

    A.フロントラインの成分は、ノミやマダニ等の中枢神経に作用する成分です。犬や猫、人などのほ乳類には安全性が高く安心です。

    (フロントライン プラス ドッグのページへ)

  • Q.投与したフロントラインを、犬や猫がなめても大丈夫ですか?

    A.フロントラインの有効成分であるフィプロニルは、少しなめた程度ではほとんど問題はありません。フィプロニルはノミやマダニ等の節足動物の中枢神経系に作用しますので、犬・猫・人間などの脊椎動物には安全性の高い薬剤です。フロントライン・スプレーを投与した後、ごくまれに、特に猫が被毛をなめることにより、よだれを垂らすことがあります。これはフロントライン・スプレーの基剤成分の刺激によるものです。この症状は一過性で、しばらくすると消失します。被毛が乾く投与後5・0分以降なら、このような問題は生じません。また、フロントライン プラスやフロントライン スポットオンの場合も、ペットが投与部位をなめることで、よだれを垂らすことがありますので、乾くまではペット同士が互いをなめあわないように注意してください。

    (フロントライン プラス ドッグのページへ)

  • Q.フロントラインを投与してもノミがまだ生きていた!本当に効いているの?

    A.フロントラインは24時間でほぼ100%のノミを駆除します。投与後ノミが生きているのは、死に至る途中の段階か、環境からの新たな寄生があったことが考えられます。犬では、フロントライン プラス、フロントライン スポットオンを1回投与すれば1ヵ月、猫ではフロントライン プラスで1.5ヵ月、フロントライン スポットオンで約1ヵ月効果が持続しますので、新たな寄生があっても24時間以内にノミは死んでいるはずです。

    (フロントライン プラス ドッグのページへ)

  • Q.ほかのノミ駆除剤と併用しても大丈夫ですか?

    A.ほかの薬剤との禁忌は報告されていませんが、フロントライン単独使用で十分な効果が得られます。

    (フロントライン プラス ドッグのページへ)

  • Q.使用の期限はどのくらいですか?

    A.日本での使用の期限は、フロントライン プラス、フロントライン スポットオンが製造後36ヵ月、フロントライン・スプレーが24ヵ月です。フロントライン・スプレーは開封後もしっかりと栓をすれば使用期限内は品質が安定していますが、フロントライン プラス、フロントライン スポットオンはピペットを折ったら1回で使い切ってください。

    (フロントライン プラス ドッグのページへ)

  • Q.フロントラインはマダニの付着を防ぐことができますか?

    A.フロントラインを投与することで、マダニの付着を防ぐことはできませんが、付着しても48時間でマダニは死んでしまいます。死んだマダニは自然に動物から落下します。死んでも付着したままのマダニもまれにいますが、その場合は指先で軽く引き離すだけで簡単に除去できます。

    (フロントライン プラス ドッグのページへ)

  • Q.フロントラインを妊娠中や授乳中の母犬・母猫に投与しても大丈夫ですか?

    A.フロントラインは妊娠中や授乳中の母犬・母猫にも使えます。

    (フロントライン プラス ドッグのページへ)

  • Q.子犬・子猫にも使えますか?

    A.フロントライン プラスは8週齢からの子犬・子猫に、フロントライン スポットオンは10週齢からの子犬と12週齢からの子猫に、また、フロントライン・スプレーは2日齢からの子犬・子猫に使えます。

    (フロントライン プラス ドッグのページへ)

  • Q.使用期限が切れたものは使えますか?

    A.期限が切れた後の有効性と安全性について確認されていないので、使用期限内にお使いください。

  • Q.ノミの忌避効果はありますか?

    A.フロントラインにはノミを動物の体に寄せ付けない忌避効果はありません。しかし、フロントラインを投与しておくと、ノミが寄生しても24時間でほぼ全てのノミ成虫を駆除することができます。

フロントライン プラス、フロントライン スポットオンについて

  • Q.フロントライン プラス、フロントライン スポットオンに似た首筋に垂らすタイプの製品をペットショップなどで見かけますが、どこが違うのですか?

    A.フロントラインの主成分はフィプロニルという物質です。フロントラインは、数多くの安全性、および有効性データを基に農林水産省の厳しい承認基準をパスした動物用医薬品であり、ペットショップ等で販売されている動物用医薬部外品とは異なります。

  • Q.フロントライン プラス、フロントライン スポットオンの効果は、どれくらいの期間持続しますか?

    A.犬の場合:ノミに対してフロントライン プラス、フロントライン スポットオンともに約1ヵ月間持続します。マダニに対しては1ヵ月間です。
     猫の場合:ノミに対して、フロントライン プラスが約1.5ヵ月間、フロントライン スポットオンで約1ヵ月間効果が持続します。マダニに対しては、フロントライン スポットオンで犬と同様1ヶ月間効果が持続します。フロントライン プラスでは3週間です。

    (フロントライン スポットオン 製品概要へ)

  • Q.フロントライン プラス、フロントライン スポットオンの効果が長続きするのはなぜですか?
    また、長続きするとどのようなメリットがありますか?

    A.フロントライン プラス、フロントライン スポットオンの場合、首筋に投与すると成分は犬や猫の皮膚表面の脂分を伝わり全身に広がります。その後、毛根の横にある皮脂腺に蓄えられ、そこから皮脂とともに徐々に放出されて再び体表や被毛上に広がるため、その効果が長く続くのです。 犬や猫の体にノミが5匹いたら、その周囲の環境にはノミの卵や幼虫、サナギが95匹もいると言われています。これらの未成熟なノミも成ノミになって、次々と寄生と繁殖を繰り返します。 効果が長続きしないノミ・マダニ駆除剤だと、頻繁に投与しなければならなくなります。

    (フロントライン スポットオン 製品概要へ)

  • Q.フロントライン プラスとフロントライン スポットオンとは何が違うのですか?

    A.フロントライン スポットオンはフィプロニルという有効成分が含まれており、ノミとマダニの成虫を駆除します。フロントライン プラスには、フィプロニルに加えて2つ目の有効成分として(s)-メトプレンも配合されており、ノミの成虫が卵を産んでしまっても、その卵をふ化させない効果があるので、ノミが再寄生するのを予防します。そのため、フロントライン プラスはフロントライン スポットオンに比べてより最適なノミ対策が可能になります。

  • Q.フロントライン プラス ドッグXSサイズが発売される以前は、Sサイズを小型犬に1本つけていました。これまでの量で小型犬に負担が大きかったのですか?

    A.フロントライン プラス ドッグSサイズは、農林水産省が安全性を確認し、認可を受けているお薬です。2011年にXSサイズを発売したのは、「小型犬専用のサイズを」という飼い主様のご要望にお応えするためであり、安全性が理由ではありません。

フロントライン・スプレーについて

  • Q.スプレーのキャップが開かないのですが…?

    A.フロントライン・スプレーのキャップはお子さまへの安全性を考慮して、安全キャップになっています。ボトルを両手で上下からはさみ、キャップを下に強く押しながら左に回していただければ、簡単に開けることができます。

    (フロントライン・スプレー 使い方へ)

  • Q.フロントライン・スプレーを室内などの環境中にまいても効果があるの?

    A.フロントライン・スプレーは、犬と猫に寄生するノミとマダニの駆除剤です。環境に対する使用は薬事法上承認されていません。環境中のノミの駆除は、丹念な掃除機掛けや、市販の環境用薬剤の使用をおすすめします。なお、フロントライン・スプレーは、アルコール系の基剤を含んでいますので、カーペット・絨毯・家具・フローリングなどに対し、変色・脱色・ワックスの分解・汚れを引き起こすおそれがあります。動物に使用する際には、これらにスプレー液がかからないように、また動物の被毛に投与したスプレー液が乾かないうちはこれらに接触しないように注意してください。

  • Q.投与後、毛がバサバサするみたい…

    A.フロントライン・スプレーには、殺虫成分を皮膚に付きやすくする物質が入っています。これにより、まれに毛がパサつくことがあります。気になる場合は、投与後2日程度たってから、ブラッシングなどをして頂くのがよいでしょう。

  • Q.フロントライン・スプレーを投与するときの注意事項を教えてください。

    A.フロントライン・スプレーでは、投与後動物の毛が速く乾くように、アルコール系の基剤を使っています。投与中、または投与後、毛が乾くまでは、換気が不十分だとアルコールを吸引することによる「アルコール酔い」の状態になってしまうことがあります。換気に十分注意していただければ、このような問題は避けられます。

    (フロントライン・スプレー 使用上の注意へ)

ノミおよび関連する病気について

  • Q.犬や猫に少しくらいノミが寄生しても、問題ないですよね?

    A.ノミに刺されると非常にかゆく、犬や猫に精神的なストレスを与えます。また、ノミに頻繁に刺されると、ノミアレルギー性皮膚炎になる可能性もあります。一度このアレルギー状態になると、その後は少数のノミ寄生でも皮膚炎に悩まされることになります。また、バルトネラ・ヘンセレという菌に感染した猫に人間が引っかかれたり、噛まれたりすると、様々な症状を引き起こす「猫ひっかき病」になることも。これはノミが媒介して猫から猫へとうつす感染症です。つまり、ノミは犬や猫だけでなく、人間の健康まで脅かす危険があるので、徹底した駆除が必要です。

  • Q.ノミは一度にどのくらい卵を産むの?

    A.ノミは犬や猫に寄生すると数秒で吸血を開始します。その後8~24時間で交接を開始し、24~48時間で産卵を開始し、ピーク時の4~9日間は毎日40~50個を産みます。参考までに、交接から産卵までの期間、ノミの吸血量は1日あたり体重の約1.5倍にもなります。例えばメスノミが72匹いると、1日の総吸血量は1mlになるわけです。

  • Q.ノミが卵から成ノミになるまでの期間はどのくらいですか?

    A.温度や湿度などの環境による差はありますが、平均3~4週間で卵から成ノミになるといわれています。最短で12~14日、最長で約180日という例も報告されています。

  • Q.ノミアレルギー性皮膚炎とはどんな病気ですか?

    A.ノミが犬や猫の血を吸うと、ノミの唾液中に含まれるアレルギーの基になる物質が犬や猫の体内に入ります。ノミによる吸血が繰り返されると犬や猫はこの物質に対してアレルギーとなり、激しいかゆみや湿疹、脱毛などを伴う皮膚炎を引き起こします。一度ノミアレルギーになるとその後は少数のノミの寄生でもこの皮膚炎に悩まされることになります。定期的なノミ対策を行い、ノミが寄生しない状態に保ってあげることが大切です。

  • Q.ノミ対策は暑い時期だけでいいですよね?

    A.ノミは暑い季節、梅雨時や夏場だけの問題ではありません。確かにそれらの時期はノミが大量発生しますが、そうなってしまってからでは環境中の未成熟なノミ(卵、幼虫、さなぎ)まで含めて完全にクリーンな状態にするには時間がかかってしまいます。ですから、大量発生時期の前から予防的にノミ駆除剤を使うことが推奨されています。また、調査によって冬でも犬では10頭に1頭、猫では5頭に1頭がノミの被害を受けていることが分かりました。必要に応じて1年を通したノミ対策も行いましょう。

  • Q.ノミが媒介する寄生虫について教えてください。

    A.犬や猫は瓜実条虫(サナダムシ)という寄生虫に感染していることがあります。瓜実条虫の成虫は50cm以上になり小腸に寄生しますが、条虫が繁殖するためには中間宿主が必要で、この中間宿主となるのがノミなのです。つまり、瓜実条虫を駆除するにはノミを同時に駆除しなくてはなりません。瓜実条虫は、虫体が瓜の実に形が似た片節が多数連なっているのが特徴で、感染している犬や猫では、糞便や肛門の周囲にこの片節がバラバラの状態で見られます。
    そして、この片節には瓜実条虫の卵がたくさん入っていて、この卵をノミの幼虫が食べると幼虫の中で条虫の卵は幼虫へと発育し、ノミの発育とともに感染力を持つ感染幼虫になるのです。この状態のノミを犬や猫がグルーミングのときなどに食べてしまうとことにより瓜実条虫の感染が起こります。また、まれに人間の子供が感染を受けることもあります。

マダニおよび関連する病気について

  • Q.マダニとダニは同じですか?

    A.一口にダニといっても、その中には吸血をすると目に見える大きさになるマダニのほか、顕微鏡で見なければ見つからないダニ(英語でマイトと言います)が含まれています。ダニ(マイト)には、アトピーの原因となるチリダニ(ハウスダストマイト)、疥癬や毛包虫症の原因になるダニや耳ダニなどがいます。
    マダニ(動物病院で慣用的にダニと言われることがありますが正しくはマダニです)は、屋外の草や木に潜んでいて、犬や猫が通ると寄生します。しかし、ほかのダニ(マイト)には屋内のほこりのなかにいるものや、他の動物から移ってくるものがあります。マダニはほかの動物から直接移ってくることはありません。マダニが多くいるとされている地域では、散歩中などに草むらに顔を突っ込むことを止めさせた方がよいでしょう。
    マダニがたくさん寄生すると、大量に吸血されて貧血になることがあります。また、マダニは、バベシアなどの犬に重篤な症状を引き起こす病原体を運ぶこともあります。
    なお、ダニは昆虫ではなくて、どちらかというとクモに近い生物です。

  • Q.マダニはどんな姿なの?

    A.幼ダニ→若ダニ→成ダニと成長するマダニ。下の写真のように、成ダニはとても大きくなります。

    幼ダニ→若ダニ→成ダニと成長するマダニの様子
  • Q.マダニはどうやって病気を媒介するの?

    A.吸血と唾液の分泌を繰り返して、病気を媒介します。

    • くちばし 皮膚が薄く吸血しやすい
      頭や耳を好んで移動します。
    • くちばし セメント状物質 くちばしを刺し、セメント状の物質を出して自分の体を固定します。
    • 分泌液 吸血と同時に唾液をペットの体内に吐き出しますが、これが病気を媒介する大きな原因となります。

    吸血開始から48時間以内なら、病気を媒介する危険性が低いので、
    駆除薬の投与で早い対応を心がけましょう。

  • Q.マダニがつくと、ペットはどうなってしまうんですか?

    A.貧血や皮膚炎をはじめ、命にかかわる病気にも。
    マダニは多くの病原体を媒介します。そのため、吸血による貧血や皮膚炎だけでなく、命さえおびやかす病気にかかる可能性があります。

    • 小さなチワワに大量発生 小さなチワワに大量発生。貧血状態になる場合もあります。
    • マダニに寄生された部分に痛々しい傷跡が マダニに寄生された部分に痛々しい傷跡が。
  • Q.マダニはどんな病気を媒介するの?

    A.マダニは、死にもつながる病気を媒介します。

    犬バベシア症
    バベシア原虫が犬の赤血級を破壊。貧血、発熱、食欲不振。黄疸などがみられ、急性の場合は死に至ることもあります。

    • 貧血による元気消失。 貧血による元気消失。
    • 貧血による口腔内粘膜のそう白。 貧血による口腔内粘膜のそう白。

    [写真提供]帯広畜産大学 猪熊 壽先生

  • Q.犬バベシア症の危険があるのはどこ?

    A.犬バベシア症は、年々全国に広がっています。

    2009・010年に1例以上の犬バベシア症が診断された地域

    犬Babesia gibson感染症の発生状況に関する全国アンケート調査より
    [監修]帯広畜産大学 猪熊 壽先生

  • Q.マダニのピークはいつですか?

    A.春と秋、2回のピークシーズンがあります。マダニのシーズンは、成虫が多い春だけと思われがちですが、秋に若ダニや幼ダニが多く発生することは意外と知られていません。だから、年間を通じた定期的なマダニ対策が重要です。

    主なマダニの季節ごとの発生状況(全国)
  • Q.どうやってマダニの寄生をチェックするの?

    A.お出かけから帰ったら、頭や耳、目のふち、お腹、足の指の間、背中、しっぽなどをチェックしましょう。

    マダニの寄生をチェック
  • Q.マダニが寄生したらどうすればいいの?

    A.もしマダニを発見しても、決して無理にとろうとしてはいけません。化膿したり、病原体をペットにうつしたりするので、見つけたらすぐ病院へ。

  • Q.マダニは人への影響があるの?

    A.ペットだけでなく、人体への感染例も報告されています。

    ライム病

    ライム病
    マダニからペットや人にも感染。
    人に感染した場合、皮膚症状、神経症状、関節炎などがみられます。

    日本紅斑熱
    マダニが人にリケッチアという病原体をうつすことで、日本紅斑熱を引き起こすことがあります。発熱、全身の発信などの症状だけでなく、志望する場合もある大変危険な病気です。

    SFTS(重症熱性血小板減少症候群)
    2013年に日本でも初めて死亡例が報告された、ウイルスによる感染症。
    マダニがウイルスを媒介している可能性があり、注意が呼びかけられています。

  • 投薬日お知らせサービス
  • ご近所動物病院検索
  • セーブペットプロジェクト

投薬お知らせサービス

ノミ・マダニ駆除薬、犬フィラリア症予防薬の定期投与を忘れないためのお知らせサービスです。

ご近所の動物病院検索

全国約9000軒の動物病院から所在地・病院名のいずれかで動物病院検索が可能です。

  • 2016年セーブペットプロジェクトテーマ

    SPPの支援先団体から保護犬、保護猫を引き取った
    ご家族にお話をお伺しました

  • 2016年セーブペットプロジェクトテーマ

    SPPの支援先団体から保護犬、保護猫を引き取ったご家族にお話をお伺しました

  • ノミダニのお薬比較チェックノミダニのお薬比較チェック
  • 犬用デンタルガム 「オーラベット」イベントキャンペーン犬用デンタルガム 「オーラベット」イベントキャンペーン
  • 犬用デンタルガム(塩酸デルモピノール配合)オーラベット犬用デンタルガム(塩酸デルモピノール配合)オーラベット
  • 3月25日(金)より「ネクスガード」CM全国放送スタート!3月25日(金)より「ネクスガード」CM全国放送スタート!
  • 災害からペットを守るために、今、私たちができること 3.11を忘れない~災害からペットを守るために、今、私たちができること 3.11を忘れない~
  • おいしく食べる動画

    ノミ・マダニ駆除薬ネクスガードをおいしく楽しく食べる犬の動画集です!

  • おたすけDrワンダフル

    Dr.ワンダフルがノミ・マダニの寄生虫ケアについて、マンガで説明します。

  • マダニ寄生カルテ集

    マダニが寄生した犬・猫の様々な写真付きのカルテ集。
    愛犬・愛猫を守るために知っておきましょう。

  • おいしく食べる動画

    ノミ・マダニ駆除薬ネクスガードをおいしく楽しく食べる犬の動画集です!

  • おたすけDrワンダフル

    Dr.ワンダフルがノミ・マダニの寄生虫ケアについて、マンガで説明します。

  • マダニ寄生カルテ集

    マダニが寄生した犬・猫の様々な写真付きのカルテ集。愛犬・愛猫を守るために知っておきましょう。

  • 寄生虫ケアと一緒に「犬フィラリア症対策」を寄生虫ケアと一緒に「犬フィラリア症対策」を
  • お薬あげた?

    ノミ・マダニ対策、フィラリア症予防の
    お役立ちアプリ(無料)

  • TVCMTVCM

    ネクスガードの広告ギャラリーをCheck!

  • お問い合わせお問い合わせ
PAGETOP


PAGE TOP