猫のノミ・マダニ・フィラリア・お腹の虫

猫の消化管内寄生虫

お腹の虫(消化管内寄生虫)

猫の年齢や健康状態、寄生虫の種類や寄生数によっても異なりますが、一般的な症状としては食欲不振、嘔吐、下痢、血便、呼吸器症状などがみられます。また、外見的には毛ヅヤが悪くなったり、子猫では発育不良になることもあります。消化管内寄生虫は種類によって形状や感染経路も異なり、ノミなどと違い目に見えないため発見が困難です。糞便中に虫卵が排泄されるため再感染にも注意が必要です。また、人に感染し深刻な病気になることもあるため、定期的な駆除が重要です。

猫回虫

猫回虫は虫卵や感染幼虫を口から摂取することで感染するので、砂場での遊び、グルーミングなど日常の行動に危険が潜んでいます。また母乳を介して子猫に感染することがあります。

猫鉤虫

猫鉤虫は感染幼虫を口から摂取するだけでなく、皮膚や母乳を介して感染することもあります。

瓜実条虫

瓜実条虫(じょうちゅう)はたくさんの片節からなる寄生虫でサナダムシのことをいいます。瓜実条虫が小腸に多数寄生すると食欲不振、下痢、出血性腸炎などがみられます。成虫では60cm以上にもなることがあります。瓜実条虫はノミを介して感染します。体内に瓜実条虫の幼虫を持ったノミを猫がグルーミングで飲み込んだり、誤飲することで猫に感染します。

※瓜実条虫:Textbook of Clinical Parasitology in dogs and cats

瓜実条虫の片節

瓜実条虫の卵のつまった片節がちぎれて便と一緒に出てきます。「お尻に白ゴマみたいなものが付いている」「肛門周囲で米粒みたいなものが動いている」などの場合、瓜実条虫の片節である可能性があります。

猫条虫

猫条虫の幼虫を体内に保有したネズミを猫や犬が捕食することで感染します。強大な頭節の先端を粘膜に深く刺しこむため、大量に感染すると腸の穿孔を起こすこともあります。

多包条虫

多包条虫は体内に幼虫を保有するネズミなどを捕食することで感染します。キツネや犬が感染源として注目されていますが、最近猫も感染源となることが報告されており注意が必要です。

犬の寄生虫ケア

  • 犬のオールインワンのお薬について
  • ネクスガードについて
  • フロントラインについて
  • 犬の寄生虫について
  • ネクスガード フロントライン比較表
  • CMギャラリー

猫の寄生虫ケア

  • フロントラインについて
  • 猫の寄生虫について
  • 投薬日お知らせサービス

投薬お知らせサービス

ノミ・マダニ駆除薬、フィラリア症予防薬の定期投与を忘れないためのお知らせサービスです。

  • TVCM

    ネクスガードの広告ギャラリーをCheck!

  • おいしく食べる動画おいしく食べる動画

    ノミ・マダニ駆除薬ネクスガードをおいしく楽しく食べる犬の動画集です!

  • ノミダニのお薬比較チェック
  • マダニ寄生カルテ集

    マダニが寄生した犬・猫の様々な写真付きのカルテ集。
    愛犬・愛猫を守るために知っておきましょう。

  • 犬用デンタルガム(塩酸デルモピノール配合)オーラベット犬用デンタルガム(塩酸デルモピノール配合)オーラベット
  • 災害からペットを守るために、今、私たちができること 3.11を忘れない~災害からペットを守るために、今、私たちができること 3.11を忘れない~
  • お問い合わせ
  • ネコも動物病院プロジェクト
PAGETOP


PAGE TOP