犬のノミ・マダニ・フィラリア・お腹の虫

犬のマダニの症状・病気

生命さえも脅かす、恐ろしいマダニ媒介性疾患

マダニは多くの病原体を媒介します。そのため、吸血による貧血や皮膚炎だけでなく、命さえおびやかす病気にかかる危険性があります。ペットだけでなく人への感染症も報告されています。

1. 貧血

2. 皮膚炎

小さなチワワに大量発生。
貧血状態になる場合もあります。

マダニ被害画像

マダニ被害画像

マダニ被害画像

3. 犬バベシア症 ~命にかかわる特に恐ろしい病気~

症状

貧血、発熱、食欲不振、黄疸、衰弱

病気について

バベシア原虫が犬の赤血球に寄生して、破壊します。感染した犬には貧血、発熱、食欲不振などの症状が現れ、急性の場合は黄疸や衰弱などによって死に至ることもある恐ろしい病気です。 以前は「犬バベシア症」は西日本特有のものとされてきましたが、今では関東以北でも発生が認められるようになり、全国的に感染のリスクがあることがわかってきました。
  • 貧血による元気消失 貧血による元気消失
  • 貧血による口腔内粘膜 貧血による口腔内粘膜

[写真提供]帯広畜産大学 猪熊 壽

犬バベシア症診断地域


人間にも感染する怖いマダニの感染症

ペットだけでなく、人体への感染例も報告されています。

1. ライム病

ライム病における慢性遊走性紅斑
ライム病における
慢性遊走性紅斑

症状

皮膚症状、神経症状、発熱、食欲不振など

病気について

マダニからペットや人にも感染します。人に感染した場合、皮膚症状、起立不能、歩行異常や神経過敏などの神経症状 、関節炎などがみられます。

2. 日本紅斑熱

症状

発熱、全身の発疹

病気について

マダニがリケッチアという病原体をうつすことで、日本紅斑熱を引き起こすことがあります。発熱、全身の発疹などの症状だけでなく、死亡する場合もある大変危険な病気です。

3. SFTS(重症熱性血小板減少症候群)

症状

発熱、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)。また、頭痛、筋肉痛、意識障害や失語などの神経症状、リンパ節腫脹、皮下出血や下血などの出血症状が起きることもあります。

病気について

2013年に日本でも初めて死亡例が報告された、ウイルスによる感染症。マダニがウイルスを媒介している可能性があり、注意が呼びかけられています。犬や猫での発症は報告されていません。
おいしく食べるオールインワンのお薬はこちらおいしく食べるオールインワンのお薬はこちら
ノミ・マダニ被害
PAGETOP


PAGE TOP