犬と猫の寄生虫症アトラス PARASITES
16/105

16原 生 動 物トリポマスティゴートが宿主の細胞(マクロファージおよび筋細胞)に侵入してアマスティゴートになるイラストレーション 5結果として生じたアマスティゴートが宿主細胞で増殖し、細胞を破壊する。トリポマスティゴートは新たな細胞を侵害する宿主への感染経路:1.感染したベクターによる刺咬2.創傷部位または粘膜とベクターの糞が接触3.宿主または感染死亡動物を摂取固有宿主(生物学的ベクター)123 人に対するリスク•輸血、直接接触、昆虫による刺咬、胎盤経路によって感染する。 動物に対するリスク•急性期・慢性期に心臓病の症状を呈する。 寄生虫対策•昆虫忌避薬を使用し予防する。•早期診断と早期治療。•ペットに死んだ動物を摂取させない。•虫除け対策(網戸など)を行う。トリポマスティゴートトリポマスティゴートエピマスティゴート感染性トリポマスティゴート中間宿主 犬、小型哺乳類42〜3日14〜21日7〜21日感染吸血トリパノソーマTrypanosomaTrypanosoma spp.

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る