セーブペットプロジェクト、愛情の証キャンペーンに関する 活動報告や情報発信をしていきます

ブログ~幸せなペットを増やすために~

2018.05.09  8:31

第19回「Foster Academy」セミナー参加レポート

02
 

動物福祉の最前線で活躍する3名の女性によるセミナーが開催されました

 

2017年3月、一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブルが主催する「Foster Academy」の第19回セミナーが、渋谷区にあるヤマザキ学園にて行われました。この日の講師は、

特定非営利活動法人Wonderful Dogs 代表 岩渕友紀さん、特定非営利活動法人キドックス代表理事 上山琴美さん、公益社団法人アニマル・ドネーション 代表理事 西平衣里さんという豪華な顔ぶれでした。

少し時間がたってしまいましたが、日本における動物福祉の最前線で活躍する3名の女性のお話が聞けた大変貴重な機会でしたので、ぜひ皆様に内容をお伝えしたいと思います。

 

 

Wonderful Dogs 代表 岩渕友紀さん

 

Wonderfuldogs
 

まず、最初にお話しになったのはWonderful Dogsの岩渕友紀さん。岩渕さんは、2010年に大手金融会社を退社し、動物の保護のために何かをしたいという強い意志のもと、2010年6月にWonderful Dogsを設立。現在までに1000頭を超える犬をレスキューし、今も保護犬たちとの生活を続けていらっしゃいます。ご自身の愛犬はミニチュアシュナウザーの「めろん」くん、そして保健所から引き取った「ぱんな」ちゃんです。

 

2013年に小規模シェルター「ワンドック」を設立され、『人間が生活する中に自然な形でシェルターがある』ことを目指している」という岩渕さん。

Wonderful Dogsの特徴は、

 

・レスキューした1頭1頭の個性をきちんと把握し、最大限アピールできるようにする。小規模なシェルターを運営し、きちんとした知識を持つハイレベルな預かりボランティアさん(フォスター)と連携することによって、保護した犬をなるべく家庭犬に近い状態で生活させてあげること。

 

・ハイレベルな預かりボランティアさんに犬の細部までしっかりケアしてもらうこと。そのためにも預かり先のボランティアさんの条件に総合的に合う保護犬をお渡しすることを徹底していること。

 

・新しい飼い主さんと犬とのマッチングに重点を置くこと。トライアルに入るまでに、かなり細かく希望者の方と話し合いを重ね、その犬が持つデメリットもしっかり伝えておくこと。

 

「保護犬を引き取って終生責任を持って飼育していくには、『かわいそうだから』という気持ちだけでは無理なんですね。その犬は今は元気かもしれませんが、5~10年後には介護をしないといけない時期が訪れます。そのために、希望者さんから長いスパンでのライフプランについても伺うようにしています」と岩渕さんはおっしゃっていました。

 

「また、犬の保護活動においては、新しい飼い主になることやフォスター(預かりボランティア)になること以外にもたくさんできることはあります」と岩渕さんは紹介されました。

例えば、

・ブログやSNSによる情報拡散(保護犬情報や保護犬の魅力など)

・団体が主催している譲渡会やイベントのお手伝い

・シェルターでのお散歩ボランティア

・物資の寄付や寄付金

・得意なスキルを活かしたボランティア

-写真やデザインなどが得意な人は、保護団体さんのチラシやポスターなどの制作を手伝う、など。

 

 

最後に岩渕さんは、今後は小規模なシェルターを拡大して大型犬も伸び伸びできる環境を作り、一般の人々や子供たちも見学できるような施設を作れたら、と抱負を語りました。

 

 

特定非営利活動法人キドックス代表理事 上山琴美さん

 

kidogs
 

上山さんは、学生時代に子供たちの教育活動に関心を持ち、非行少年や引きこもりの青年の支援活動に携わったそうです。一方で、愛犬を亡くした経験から、捨て犬の保護活動にも関わっていました。そんな中、アメリカで行われている「犯罪を犯した少年が捨て犬をトレーニングして更生をするプログラム」が大きな実績を出していることを知り、アメリカのカリフォルニア州とオレゴン州にて、実際にプログラムの研修を受けます。その後、行政などにさまざまな働きかけをして、2013年、NPO法人キドックスを立ち上げるに至ったそうです。現在は、茨城県土浦市の300坪の古民家を拠点に「キドックスファーム」を開設。保護犬を介した子供・若者たちの自立支援プログラムを実施されています。

 

「キドックスの役割は、自立に困難を抱える10代の青少年の基礎力をつけるための支援、そして、犬が人の社会で幸せに暮らせるための教育機関を提供すること、この2つを同時に行っていくことです」と上山さんは活動内容について語ります。

 

現在、日本国内には不登校、引きこもりなどの問題を抱える少年少女は、約70万人いるそうです。茨城県内では約2万人いると推定されています。その一方で、茨城県の犬の殺処分数は全国でもワーストに入り、約2万頭が年間に殺処分されている現状があります。上山さんは、2つの保護団体と提携して、人慣れできないなどの問題を抱える犬たちを施設に迎え、プロのドッグトレーナーの指導のもと、少年・少女たちにトレーニングを実践させています。
 

「人とのコミュニケーションは苦手でも犬には心を開ける、という少年・少女が多いんですね。ある若者は、極度の人間不信だった犬のそばにずっと寄り添って、1年かけてその犬の本来の良さを引き出すことができました。また、虐待を受けてきたある少女は、担当した犬に最初はきつく当たったりしていましたが、『自分が犬の立場だったら?』という言葉で態度を改め、最後にはその犬の譲渡のために誰よりもがんばってポスター制作に励んでいました」と上山さんは語ります。

 

キドックスのプログラムでは、2013年から現在までに18頭の保護犬のトレーニングに成功し、13頭を新しい飼い主さんへ譲渡するという着実な成果をあげています。 今後は、人間福祉×動物福祉のモデルケースとなる先駆的な役割をしていけたら、と上山さんは展望を語りました。そのために、これからも一人でも多くのボランティアさんの力、運営費として必要な寄付、情報拡散の力が必要になると強調されました。

 

公益社団法人アニマル・ドネーション 代表理事 西平衣里さん

 

01
 

西平さんは株式会社リクルートで、結婚情報誌「ゼクシィ」の創刊やゼクシィブランドのムック版などの立ち上げに携わり、編集制作、クリエイティブディレクターとして活躍していました。リクルートで14年間勤務をされた後、アニマル・ドネーションを設立しました。幼い頃から無類の動物好きとのことで、アニマル・ドネーションをご自身の社会貢献と位置づけ、動物との幸せな共生社会を実現することを目指しています。

 

「2015年4月に公益法人を取得しましたが、『具体的に何をしている団体なの?』と聞かれてしまうことが多々あります。一言でいえば『個人や企業と動物保護団体をつなぐ中間支援組織』です」と西平さんは解説しました。個人や企業が、動物保護関連の団体に何かの支援をしたいと思った時に、アニマル・ドネーションを通すとさまざまなメリットがある、というシステムを西平さんたちが構築し、2017年3月までに、寄付総額は7000万円を超える実績をつくられています。

 

「キモチをカタチに。」というスローガンのもと、アニマル・ドネーションが行っている活動の一例としては、ある企業が動物保護団体を支援したいと考えた場合、その企業の商品の販売価格の一部を動物保護団体への寄付へ回す、といった仕組みを作ったり、また、寄付活動が生活の一部となるように、全国に約20台アニマル・ドネーションの自動販売機の設置なども実現されました。自動販売機で飲料を買うごとに、その何%かが寄付に回るという画期的なシステムです。

 

また、「アニマル・ドネーションは『日本の動物福祉を世界トップレベルに!』するために、シンクタンク的な役割として、保護犬を飼っている人、飼っていない人へのアンケート調査、保護犬、保護猫を飼うことのメリットや共に暮らす喜びがいかに大きいかなど、情報発信にもさまざまな貢献をされています。

 

今後の活動について、西平さんは「中間支援組織としてエッジの立った存在になっていきたい」と語ります。日本の動物福祉面において、正しい情報・人材・資金などのリソースが集まる存在となり、そのリソースを生かして共感とアクションの輪が広がる仕組みを作り、日本の動物福祉をより一層発展させたい、と強調されました。

最後に、活動を通じて目指したいことを込めて制作したイメージ動画「キモチはつながる 〜犬と猫と生きる人〜」が上映されました。人と動物が幸せに共生する社会、こんな日常が当たり前になってほしい、そうした願いが込められた素晴らしい映像でした。

動画URL  https://youtu.be/TGii387R2ZU

 

日本の動物福祉の最前線において、今もっとも輝く女性の方々のお話しに直に触れることができ、参加者の方々も大きな刺激を受けたのではないでしょうか。

 

 

Wonderful Dogs          http://www.wonderful-dogs.com

キドックス       http://kidogs.org

アニマル・ドネーション          http://www.animaldonation.org

トピックス

  • 投薬日お知らせサービス
  • ご近所動物病院検索
  • セーブペットプロジェクト

投薬お知らせサービス

ノミ・マダニ駆除薬、犬フィラリア症予防薬の定期投与を忘れないためのお知らせサービスです。

ご近所の動物病院検索

全国約9000軒の動物病院から所在地・病院名のいずれかで動物病院検索が可能です。

  • マダニ寄生カルテ集

    マダニが寄生した犬・猫の様々な写真付きのカルテ集。
    愛犬・愛猫を守るために知っておきましょう。

  • ノミダニのお薬比較チェック
  • 犬用デンタルガム(塩酸デルモピノール配合)オーラベット犬用デンタルガム(塩酸デルモピノール配合)オーラベット
  • オーラベット×セーブペットプロジェクト
  • 2016年セーブペットプロジェクトテーマ

    SPPの支援先団体から保護犬、保護猫を引き取ったご家族にお話をお伺しました

  • TVCM

    ネクスガードの広告ギャラリーをCheck!

  • 3月25日(金)より「ネクスガード」CM全国放送スタート!3月25日(金)より「ネクスガード」CM全国放送スタート!
  • おいしく食べる動画おいしく食べる動画

    ノミ・マダニ駆除薬ネクスガードをおいしく楽しく食べる犬の動画集です!

  • 災害からペットを守るために、今、私たちができること 3.11を忘れない~災害からペットを守るために、今、私たちができること 3.11を忘れない~
  • お薬あげた?

    ノミ・マダニ対策、フィラリア症予防の
    お役立ちアプリ(無料)

  • お問い合わせ
PAGETOP


PAGE TOP