セーブペットプロジェクト、愛情の証キャンペーンに関する 活動報告や情報発信をしていきます

ブログ~幸せなペットを増やすために~

2015.09.24  9:10

保護犬・保護猫との暮らしと感動秘話 ~保護猫ポジにゃんがうちに来た話~ 

シリーズ2回目は、日本全薬工業(株) 粂ひとみさんです。

 

こんにちは。日本全薬工業(株)の粂ひとみです。

昨年、動物福祉を学びにドイツへ視察に行き、見たことや感じたことをこちらのブログ投稿させていただきました。ドイツではティアハイム(Tierheim=動物の家という意味だそうです)と呼ばれる動物の保護収容施設があり、動物たちの保護、そして仲介や譲渡を行っています。

動物たちは十分に広く清潔なスペースの中で、スタッフやボランティアの方に大切にケアをされながら新しい飼い主との出会いを待っていました。

http://n-d-f.com/blog/topics/192.php
http://n-d-f.com/blog/topics/169.php
http://n-d-f.com/blog/column/10.php

 

ドイツのティアハイムを見学したことをきっかけに、日本の動物福祉にも興味を持ち色々と調べるようになりました。

日本では動物福祉がドイツのように進んではいません。年間16万頭もの犬や猫が殺処分をされている現状があります。そんな中、地域の保護団体や、地域猫の団体が殺処分を少しでも減らすために日々一生懸命活動をされていることを知りました。また行政が運営する保健所や動物管理センターの中にも、昔のように収容された犬や猫をすぐに殺処分するということをなるべく避け、地域の保護団体やボランティアと連携を取り協力しながら、飼い主を見つける活動をしている施設もあると知りました。

私は去年までアパートで一人暮らしをしていましたが、今年結婚し新しい地域に引っ越し、念願のペットOKのマンションで暮らし始めました。そして主人と話し合い、これからペットを迎えることになる際は、地域の保護団体や保健所から迎えようと決めていました。

引っ越して少し経ってから、私と主人は地域の動物保護管理センターを訪れました。私の住む地域の管理センターは保健所として動物を収容し管理するだけではなく、獣医師や職員の方が協力しながら、子猫の譲渡を行ったり犬のしつけや飼い方についてイベントを開催し啓発を行うなど、地域の人に呼びかけを行っていました。

管理センターで猫の飼い主の希望登録をし、後日「譲渡対象の子猫が数匹来ました」と連絡を受けて会いに行き、そこで一匹の黒猫に出会いました。

私の住む地域は田舎にあることもあってか、黒猫に対して不幸なイメージを持つ人がまだ多いそうです。貰い手が見つかりにくく、余ってしまうことも多い。海外では魔女狩りのイメージから黒猫のイメージが悪く、ハロウィンの期間中は飼っている黒猫を外に出さないようにする地域もあるとか。

でも黒猫は穏やかで人懐っこいんですよ!甘えんぼうな子が多いですし、それにこの子はお腹に少し白い毛も生えているし、光の加減によってはグレーっぽく見えないこともないのです。話をして下さる職員さんの一生懸命な説明と、どうしてもこの黒猫ちゃんに幸せになってもらいたいという愛情が伝わる熱意のスピーチに心を打たれ、数日主人と話し合った末、その黒猫を引き取ることに決めました。

黒猫
【はじめましての出会い】

 

これからはずっと一緒に楽しい毎日を過ごそうね、という思いを込めて、小さな黒猫に、ポジティブにゃんこ、略して「ポジにゃん」と名前を付けました。あまり聞かないネーミングのようで、会話の中で飼っている猫の名前は何?と聞かれ、伝えても必ず何度も聞き返されてしまいます。

ポジにゃん
【我が家にやってきたポジにゃん】

 

私は家族が全員犬好きだったこともあり、28年間、ずっと犬達と一緒に暮らしてきました。もちろん、わたしも筋金入りの犬好き。犬はとってもかわいい。宇宙一可愛い!

いつもべったりくっついて甘えてくれる。帰宅すると全身全霊で喜びを表すし、表情豊かで、家族みんなで集まると、一緒にニコニコして幸せそうな表情を見せてくれる。それぞれが個性豊かな姿をしていて、マズル(鼻づら)の長さや耳の形だって全く違う。小さいころから犬図鑑を一日中眺め、初めて犬を家族に迎えたときの幸せな衝撃は今でも忘れないくらい。犬好きが高じて動物用医薬品メーカーに就職した程です。

こんな可愛い生き物他にいないよね!ということで、28年間培ったこのポリシーは、たとえ家に猫がやってきても揺らぐことはないだろうなと考えていました。

しかし!今その私のポリシーがグラグラ・・・と揺らぎつつあるのです!

昔からの猫派の方々、猫に詳しい方々に、「いまさらそんなことを!」「修業がたりない!」と呆れられてしまうかもしれないのですが・・・

「長年犬派だった人間が、生まれて初めて猫を飼った際の感動」をお手柔らかに読んでいただければ幸いです。

昔から「犬は人に付き、猫は家に付く」と表現されることがあり、自由気ままな猫は犬と違ってあまり甘えてくれないのかなと思っていました。しかし、実際ポジにゃんは私が帰宅すると走って玄関まで迎えに来てくれます。ゴロゴロとすり寄ってきて、寝転んで「撫でて!」アピール。しばらくは私の後を走ってついてきて甘えてニャーニャー鳴きます。

野良猫出身の子は、人に慣れずそんなに懐いてはくれないのかな、と最初は思っていました。

しかし、子猫のうちに保護されセンターの方々が優しく接して下さっていたからか、最初から人をあまり怖がることはなくとてもフレンドリー。私の自宅には家族や友人が遊びに来ることも多いのですが、初めての人にも撫でてもらうと嬉しそうに喉を鳴らしています。

最近はおもちゃを投げると走って追いかけていき、くわえて戻ってくるようになりました。

意外に甘えんぼうで社交的な姿に、私も主人もメロメロになってしまいました。主人は以前は遅くまで会社に残り仕事をすることが多かったのですが、今では信じられないくらい早くに家に帰ってくるようになりました。

日向ぼっこが好きなのか、帰宅してポジにゃんを抱きしめるといつも体がほんのりお日様の香り。顔を体にうずめ深呼吸すると最高に癒され、疲れが一瞬で吹き飛びます。(後から知ったのですが、この行為、猫吸いや猫深呼吸という猫好きな方にとっては当然のコミュニケーション方法なんだそうですね。)

今まで、猫の表情を意識したことはなかったのですが、光の加減によってコロコロ変わる目の印象や、名前を呼ぶと振り返ってこちらを見つめる顔、必死でおもちゃを追いかける真剣なまなざし。今まで知らなかった沢山の表情に、いつまでも飽きることなく夢中になって見つめてしまいます。

こんなに猫って素晴らしい生き物だったなんて、自分の28年間の遅れを取り戻すつもりで猫について毎日学ぶ日々です。

ポジにゃんが来てから我が家では笑いが絶えません。

私は以前から外に出かけることが大好きで、家で多くの時間を過ごすタイプではありませんでした。しかし、ポジにゃんがきてからは家で一緒にのんびりする時間が圧倒的に増えたので、家での暮らしを丁寧に楽しめるようになった気がします。インテリアや食器にこだわったり、料理をゆっくり作ったり。家族でご飯を食べたりテレビを見たりする当たり前のことが、猫が隣にいてくれるだけで、こんなにも大切にしたい幸せな時間になるなんて思ってもみませんでした。


【今では猫関連の書籍やグッズをみると必ず買ってしまいます】

 

これから猫を飼おうかな、、と考えている方がもしいらっしゃったら、里親として地域の保健所や保護団体から迎え入れることも是非考えてみてください。まだまだ日本は動物福祉に関しては遅れていて、目を背けたくなるような悲しいニュースや、耳にしたくないつらい情報が入ってくることも多いです。保健所なんて、暗いイメージ。そんな中、沢山の動物がつらい思いをしているところなんて目にしたくない!と思われるかもしれません。それでも保健所の職員さんや保護団体は、すこしでも里親と猫ちゃんの出会いを素敵でハッピーなものになるよう、毎日工夫し努力されながら取り組みをされています。

ポジにゃんも保健所から迎え入れましたが、出会ったときは清潔な姿で、きれいなガラス張りのスペースに入れられて元気に遊んでいました。そして、職員の方や獣医さんの愛情をうけていたことが対応から良く伝わりました。

大きくなったポジにゃんを連れて、お礼を伝えにもう一度会いに行きたいとさえ思います。

ほんの少しずつですが、日本の動物福祉も明るく幸せな未来に向けて歩きだしているのかもしれない。そう思えたポジにゃんとの出会い。

そしてこれからポジにゃんと毎日を過ごす中で、私も日本の動物福祉の現状をもっと知り、すこしでもお役に立つ活動ができればよいなと思っています。


【保健所からも、こんな素敵な出会いができます!】

セーブペットプロジェクト, 保護犬・保護猫との暮らしと感動秘話, 寄稿文

  • 投薬日お知らせサービス
  • ご近所動物病院検索
  • セーブペットプロジェクト

投薬お知らせサービス

ノミ・マダニ駆除薬、犬フィラリア症予防薬の定期投与を忘れないためのお知らせサービスです。

ご近所の動物病院検索

全国約9000軒の動物病院から所在地・病院名のいずれかで動物病院検索が可能です。

  • マダニ寄生カルテ集

    マダニが寄生した犬・猫の様々な写真付きのカルテ集。
    愛犬・愛猫を守るために知っておきましょう。

  • ノミダニのお薬比較チェック
  • 犬用デンタルガム(塩酸デルモピノール配合)オーラベット犬用デンタルガム(塩酸デルモピノール配合)オーラベット
  • オーラベット×セーブペットプロジェクト
  • 2016年セーブペットプロジェクトテーマ

    SPPの支援先団体から保護犬、保護猫を引き取ったご家族にお話をお伺しました

  • TVCM

    ネクスガードの広告ギャラリーをCheck!

  • 3月25日(金)より「ネクスガード」CM全国放送スタート!3月25日(金)より「ネクスガード」CM全国放送スタート!
  • おいしく食べる動画おいしく食べる動画

    ノミ・マダニ駆除薬ネクスガードをおいしく楽しく食べる犬の動画集です!

  • 災害からペットを守るために、今、私たちができること 3.11を忘れない~災害からペットを守るために、今、私たちができること 3.11を忘れない~
  • お薬あげた?

    ノミ・マダニ対策、フィラリア症予防の
    お役立ちアプリ(無料)

  • お問い合わせ
PAGETOP


PAGE TOP