セーブペットプロジェクト、愛情の証キャンペーンに関する 活動報告や情報発信をしていきます

ブログ~幸せなペットを増やすために~

2010.07.02  17:02

「シェルターメディシン」よりよい譲渡に向けて

6月19日、日本獣医生命科学大学(東京都武蔵野市)にて、(社)日本動物福祉協会、NPO法人Knots(ノッツ)主催による、シェルターメディシンについての講演会が行われました。動物保護団体や動物看護師、各自治体の愛護センター担当者向けの講演でしたが、縁あってお誘いいただきチームメンバー3名で聴講してまいりました。

シェルターメディシンという言葉、ペットオーナーなど一般の皆様には耳慣れないものかと思います。発信元のアメリカでもまだまだ研究が始まったばかりだそうです。
いったいどんなものか簡単に表現すると
「シェルター(※)における獣医療、動物を群で管理する医療」。
普段ペットオーナーの皆様が動物病院で受ける医療は「個体管理」、そのペットに合わせた治療や投薬が中心ですが、シェルターにおける医療は「群管理」が基本となるという考え方です。

(※シェルターメディシンにおいての「シェルター」という言葉は、保健所や愛護センターなども含みます)

まず前半はこの学問では日本の第一人者とも言える田中亜紀先生が登壇します。
(第一人者というといかつい感じですが、田中先生は元気でとても可愛らしい方ですよ!)

シェルターメディシンでは様々なデータを計測します。
施設の規模によって異なる動物の適正な頭数、ケージのサイズや位置などの飼育環境、給餌やケージ清掃にかける時間、ワクチン接種のタイミング、治療にかける時間やコスト、譲渡までの日数、譲渡率・・・

これらを計測し分析した結果、必要に応じて環境を改善していくことでもっとも効率のいい形で動物を保護収容し、それによって一頭でも多く良い状態で譲渡することが可能になる、というコンセプトが根幹にあります。

カリフォルニアのペットショップでは犬猫を販売することが禁止されていて、その代わり週末にはシェルターに保護されている犬猫の譲渡会がそのペットショップで開かれたり(お客さんはペットグッズをそのお店で購入)、逆に別の州では日本よりも殺処分問題が深刻であったりと、アメリカならではのエピソードを交えつつ最先端の研究についてわかりやすく教えて頂きました。

また、アメリカでは、行政のシェルターと民間のシェルター、そして民間の保護団体の3者がうまく連携して活動しているとのことでした。田中先生が関わっておられるサンフランシスコSPCA(民間のシェルター)は、No Kill(殺処分ゼロ)の施設であるという特徴を最大限に活かし、特に動物福祉に関する啓発に力をいれています。気軽にいろいろな人が遊びに来られる雰囲気をつくり、子供の遠足コースになるなど、すでに観光地にもなっているといいます。

午後は、入交真巳先生による最新の動物行動学についてのお話です。
この日は、最近の研究で分かってきた犬猫の行動について概論をお話しいただきました。犬猫の問題行動はペットが捨てられる原因の多くを占めていますので、これを改善していくことが殺処分問題の解決の一助になると考えられています。

犬がむやみに吠えたり人を咬んだりするのは、犬が人を舐めているからだ、人間が犬のボスにならなければならないという話をききませんか?
実は、吠えたり咬んだりというのは犬が人間を威嚇しているのではなく、怖いから、不安だからという可能性もあることが最近の研究で分かってきたそうです。
犬のしっぽや口元、耳の様子をよく観察することで犬が今どういう状態にあるのかというのを判断することが可能だということを、ビデオや写真でたくさんの例を見せていただきました。
(おかげで、翌日のワンワン大パレードでは犬を見るたびについついしっぽや耳をじっと観察。)

その他にも身近で分かりやすい話を交え、楽しい雰囲気で午後の講義は終了。その後の質疑応答では、皆さんやはりアメリカの保護活動現場について関心が高いようで、いずれもアメリカ経験のある壇上の3人の先生方(3人目は水越美奈先生)への質問で会場は熱気につつまれていました。

田中先生が講義中「『かわいそう』という情緒的なことだけではこの問題は解決しません。もちろん最初のきっかけは感情だと思います。私もそうでした。しかし、シェルターでは、データを取って改善点を冷静に分析し、適切な対策をとることで助かる動物を増やすことができるのです」とお話されたとき、はっとしました。この姿勢を、今後のわたくしどもの活動の参考にさせていただきたいと強く感じました。

(プロジェクトチーム・柳 貴絵)

犬の寄生虫ケア

  • 犬のオールインワンのお薬について
  • ネクスガードについて
  • フロントラインについて
  • 犬の寄生虫について
  • ネクスガード フロントライン比較表
  • CMギャラリー

猫の寄生虫ケア

  • フロントラインについて
  • 猫の寄生虫について
  • 投薬日お知らせサービス
  • ペットと一緒にstay home
  • TVCM

    ネクスガードの広告ギャラリーをCheck!

  • おいしく食べる動画おいしく食べる動画

    ノミ・マダニ駆除薬ネクスガードをおいしく楽しく食べる犬の動画集です!

  • ノミダニのお薬比較チェック
  • マダニ寄生カルテ集

    マダニが寄生した犬・猫の様々な写真付きのカルテ集。
    愛犬・愛猫を守るために知っておきましょう。

  • 犬用デンタルガム(塩酸デルモピノール配合)オーラベット犬用デンタルガム(塩酸デルモピノール配合)オーラベット
  • 災害からペットを守るために、今、私たちができること 3.11を忘れない~災害からペットを守るために、今、私たちができること 3.11を忘れない~
  • お問い合わせ
  • ネコも動物病院プロジェクト
PAGETOP


PAGE TOP