セーブペットプロジェクト、愛情の証キャンペーンに関する 活動報告や情報発信をしていきます

ブログ~幸せなペットを増やすために~

2017.08.02  8:44

SPP寄付金 2017年贈呈式 NPO法人ワンワンパーティクラブ 代表 三浦健太さん


 

全国の愛犬家に対して、犬との暮らし方や犬のしつけ方などのセミナーを開催するなど、積極的に飼い主のマナー啓発を行っているNPO法人ワンワンパーティクラブ(以降WWPC)。

2011年東日本大震災では、被災して飼い主と一緒に暮らせなくなったペットを一時的に預かりたいという家族を募集し、被災した犬を預かりボランティアの家族に届けるという活動を行いました。セーブペットプロジェクトはその活動に賛同し、その後も毎年WWPCの活動をサポートしています。WWPCの23年に渡る活動について代表の三浦健太さんにお話をうかがいました。

 

―WWPCの活動についてお話しください。

 

三浦:WWPCは、創立23年目になります。愛犬家が犬と一緒に楽しむ交流会として始まりましたが、会員が増えるにつれて、「いつでもどこでも犬と一緒」をキャッチフレーズに、マナー啓発も行うようになりました。また愛犬と飼い主の絆を深めるためのドッグスポーツ「エクストリーム」の決勝の場として、1999年から15年間、西武ドームで「スーパードッグカーニバル」というイベントを開催していました。現在は西東京センター(シェルター)を含む保護犬飼育サポート付き譲渡システム「Sippo Net」の活動を広めるために、「Sippo Festa」というイベントを開催しています。

 

―里親サポート付き譲渡システム「Sippo Net」とは、どのような活動を行っているのですか。

 

三浦:全国の愛護センターでは、県外譲渡が認められない場合が多いんです。引き取り手と人口は比例するので、人口の少ない自治体では殺処分が行われ、人口の多い自治体では欲しい人があぶれてしまうというアンバランスが起きてしまうんです。なぜ遠方譲渡が認められないかというと、管轄外の自治体に譲渡された犬の追跡が難しいからというのが大きな理由のひとつです。2度捨てや転売などの問題も起こりえますから。僕らは全国のドッグライフカウンセラー(三浦氏が設立時より2016年まで理事長を務めたNPO法人社会動物環境整備協会認定の資格保有者)に協力をお願いして、譲渡後の犬の追跡を行うことで、責任をもって遠方譲渡が行える流れを作りました。現在は秋田県・仙台市・前橋市・福島県・埼玉県・茨城県・川崎市・静岡県・静岡市の9自治体と提携して遠方譲渡を行っており、本年度中には13自治体との提携を目標としています。

 

また、東日本大震災のときに被災犬を全国の一般家庭に預かっていただいた経験を活かし、「預かり譲渡」のシステムも確立しました。これは「Sippo Net」が自治体の動物愛護センターから引き出した犬を希望者に一時預かりしてもらうという方法で、動物愛護センターと里親の間にSippo Netが入ることで譲渡条件のハードルを下げ、高齢者、集合住宅、共稼ぎ世帯でも新しい飼い主になることが可能になるというものです。つまり、保護犬を引き取る人のパイを広げることができるのです。

 

もちろん「パイを広げる」といっても、誰にでも譲渡するわけではありません。Sippo Netとしては、新しい飼い主への教育を行い、相談員を置くなどアフターケアも行っています。譲渡先を探すだけでなく、飼い主さんを育てるということも大事な活動です。

Sippo Netでは、これまでに685頭の譲渡を行っています。今年は200頭を目標に活動しており、半年で105頭を譲渡しました。

 

―自治体の意識も変わりましたか?

 

三浦:彼らだって殺処分はしたくないですからね。殺処分が減れば、動物愛護センターのムードも明るくなりますよね。全国的に殺処分ではなく、譲渡への動きが拡大しています。でも、そうなると動物愛護センターでの長期飼育が必要となり、経費がかかります。そこでWWPCが窓口となり、セーブペットプロジェクトからいただいたメリアルジャパンのノミ・マダニ駆除剤を各地の動物愛護センターへ寄贈する活動も行っています。

 

―保護犬を引き取る方の傾向に変化はありますか。

 

三浦:昔は、譲渡はペットショップの高額な犬が飼えない人が行うというイメージでしたが、震災以降はむしろ、所得や社会的地位の高い方がペットショップで買わずに保護犬を選んでくださるようになりました。

WWPCでは現在、そんな保護犬と暮らしている方を対象に感謝の気持ちをこめて、フードやグッズ、犬と一緒に泊まれる宿泊券などが当たる「ありがとうキャンペーン」を実施していますので、保護犬を引き取った方は、ぜひご参加ください。

 

―やりがいを感じるのは、どんなときですか。

 

三浦:僕らが目指しているのは、シェルターへの入所頭数を増やすことではなく、犬たちが素晴らしい飼い主さんと巡り合えることなんです。犬の幸せは、「生きること」ではなく、「愛されること」です。犬が幸せに暮らせれば、人間も幸せでいられるし、子どもの精神教育にも役立つはずですから。僕らとしては助けた犬が幸せな顔をしているのを見ると、「よかった」と思えます。

 

―WWPCさんの取り組みをサポートさせていただくことで、数多くの飼い主さんと犬が笑顔になってくれていることを、大変嬉しく思います。今日は、ありがとうございました。

セーブペットプロジェクト, 寄付金関連

  • 投薬日お知らせサービス
  • ご近所動物病院検索
  • セーブペットプロジェクト

投薬お知らせサービス

ノミ・マダニ駆除薬、犬フィラリア症予防薬の定期投与を忘れないためのお知らせサービスです。

ご近所の動物病院検索

全国約9000軒の動物病院から所在地・病院名のいずれかで動物病院検索が可能です。

  • マダニ寄生カルテ集

    マダニが寄生した犬・猫の様々な写真付きのカルテ集。
    愛犬・愛猫を守るために知っておきましょう。

  • ノミダニのお薬比較チェック
  • 犬用デンタルガム(塩酸デルモピノール配合)オーラベット犬用デンタルガム(塩酸デルモピノール配合)オーラベット
  • オーラベット×セーブペットプロジェクト
  • 2016年セーブペットプロジェクトテーマ

    SPPの支援先団体から保護犬、保護猫を引き取ったご家族にお話をお伺しました

  • TVCM

    ネクスガードの広告ギャラリーをCheck!

  • 3月25日(金)より「ネクスガード」CM全国放送スタート!3月25日(金)より「ネクスガード」CM全国放送スタート!
  • おいしく食べる動画おいしく食べる動画

    ノミ・マダニ駆除薬ネクスガードをおいしく楽しく食べる犬の動画集です!

  • 災害からペットを守るために、今、私たちができること 3.11を忘れない~災害からペットを守るために、今、私たちができること 3.11を忘れない~
  • お薬あげた?

    ノミ・マダニ対策、フィラリア症予防の
    お役立ちアプリ(無料)

  • お問い合わせ
PAGETOP


PAGE TOP