• 蚊によるフィラリア
  • ノミ
  • マダニ
  • お腹の虫

猫だって、たくさんのお薬はもうイヤ!

  • 蚊によるフィラリア
  • ノミ
  • マダニ
  • お腹の虫
かご猫シロちゃん 猫だって、たくさんのお薬はもうイヤ!

ご存知ですか?

なんでも隠しちゃう猫は、具合が悪くても隠しちゃう。気づいたころには重症化している事が多く、死に至ることも少なくありません。なんでも隠しちゃう猫は、具合が悪くても隠しちゃう。気づいたころには重症化している事が多く、死に至ることも少なくありません。

手軽なお薬の詳細を知りたい方はこちら手軽なお薬の詳細を知りたい方はこちら
動物病院検索

マダニは猫にも寄生します。マダニは猫にも寄生します。

マダニは一度吸血を始めると皮膚から取り除くことは困難ですマダニは一度吸血を始めると皮膚から取り除くことは困難です

マダニに咬みつかれても痛みがなく猫は血を吸われていることに気がつきません。マダニは多くの病原体を媒介します。そのため吸血による貧血や皮膚炎だけでなく、命さえおびやかす病気にかかる危険性があります。
外出が多いなど、寄生リスクのある猫は特にマダニ対策が必要です。

マダニに吸血された猫 写真提供:シートン動物病院 高梨智之先生

マダニに寄生された部分に痛々しい傷跡が。

マダニは一度吸血を始めると皮膚から取り除くことは困難です。また、マダニは人に も危険な病原体を媒介することがあるため、猫についているマダニを見つけても無理 に素手で取ろうとせず、動物病院に相談してください。

マダニが媒介し、人への被害を及ぼす感染症「SFTS(重症熱性血小板減少症候群)」。2013年より、各地で死亡報告が相次いでいます。

飼育ネコおよび飼育イヌの血液・糞便からSFTSウイルスが検出された事例があります。

マダニが媒介する感染症で、人間に重大な被害を及ぼすSFTSが再び話題になっています。これまでに近畿や中国、四国、九州で感染者の死亡が相次いでいます。

2017年もすでに感染者と死亡者が続出していることが報告されています。

引用:2017年6月2日 共同通信配信
(画像提供元:国立感染症研究所)

マダニのシーズンは、成虫が多い春だけと思われがちですが、秋に若ダニや幼ダニが多く発生することは意外と知られていません。だから、年間を通じた定期的なマダニ対策が重要です。

平成24年度日本獣医師獣医学術学会年次大会
日本の犬と猫におけるマダニの寄生状況調査(2011~2012),岩上ら

手軽なお薬の詳細を知りたい方はこちら手軽なお薬の詳細を知りたい方はこちら

猫も蚊によるフィラリア症になります猫も蚊によるフィラリア症になります

残念ながら、現在よい治療法は確立されていません残念ながら、現在よい治療法は確立されていません

フィラリアの成虫が寄生した猫の心臓
写真提供
見附動物病院 星克一郎先生

犬の病気と思われていますが、実は猫もフィラリア(犬糸状虫)の被害を受けます。犬と同じく、フィラリアの幼虫を吸血した蚊に刺されることによって猫の体内に侵入します。成長した成虫は肺や心臓の血管に寄生し発症します。
心臓に寄生した成虫を取り出す外科手術が実施されることもあります。ただし、フィラリアの虫体が消失しても肺の症状は残り、薬を続けなければなりません。お薬で予防することができます。

手軽なお薬の詳細を知りたい方はこちら手軽なお薬の詳細を知りたい方はこちら

ノミは猫にかゆみを引き起こすだけでなく貧血や皮膚炎の原因となりますノミは猫にかゆみを引き起こすだけでなく貧血や皮膚炎の原因となります

ノミは最長120日まで生存することが可能です。ノミは最長120日まで生存することが可能です。

ノミアレルギー性皮膚炎の猫
(写真:メリアル)

ノミは人も刺し、その部位に皮膚炎をおこすこともあります。また、ノミは猫ひっかき病の原因菌(バルトネラ・ヘンセレ)を媒介するため、感染猫が人を引っかいたり咬んだりした場合にその部位が化膿したり、リンパ節が腫れたり、発熱、頭痛をおこしたりすることがあります。
動物に寄生したノミの成虫は、その動物の体表からほとんど離れることなく吸血と産卵(一日当たり20~50個)を繰り返し、最長120日まで生存することが可能です。この間、あなたの愛猫はノミの寄生に悩み続けることになります

手軽なお薬の詳細を知りたい方はこちら手軽なお薬の詳細を知りたい方はこちら

お腹の虫

人に感染し深刻な病気になることもあります人に感染し深刻な病気になることもあります

猫の年齢や健康状態、寄生虫の種類や寄生数によっても異なりますが、一般的な症状としては食欲不振、嘔吐、下痢、血便、呼吸器症状などがみられます。また、外見的には毛ヅヤが悪くなったり、子猫では発育不良になることもあります。消化管内寄生虫は種類によって形状や感染経路も異なり、ノミなどと違い目に見えないため発見が困難です。糞便中に虫卵が排泄されるため再感染にも注意が必要です。また、人に感染し深刻な病気になることもあるため、定期的な駆除が重要です。

猫の寄生虫 年間発生期間猫の寄生虫 年間発生期間

今までは…

フィラリア症予防、ノミ・マダニ駆除、お腹の虫対策、毎月全ての対策が必要でした。猫にとってもたくさんのお薬は大変。

フィラリア症予防、ノミ・マダニ駆除、おなかの虫対策、毎月全ての対策が必要でした。猫にとってもたくさんのお薬は大変。

これからは…

フィラリア症予防と同時に、ノミ・マダニ・お腹の虫(猫回虫・猫駒虫・条虫類)が駆除できるお薬があります。フィラリア症予防と同時に、ノミ・マダニ・お腹の虫(猫回虫・猫駒虫・条虫類)が駆除できるお薬があります。

手軽なお薬の詳細を知りたい方はこちら手軽なお薬の詳細を知りたい方はこちら
PAGETOP